環境中長期目標

  • 環境中長期目標の策定
  • 環境中長期目標の進捗状況
  • CO2削減貢献量

環境中長期目標の策定

アスクルでは、2013年5月期に、「CO2排出量」と「資源消費量」の2つの軸で、2020年度をターゲットとした環境中長期目標を策定し、これらの目標を達成するために、事業活動と関連性の高い「低炭素」「資源消費」「グリーン購入」の3つの環境課題を取り組むべき重点分野として継続的な改善活動を進めてまいりました。
これらの目標は策定から4年が経過しましたが、その間にAskul Logi PARK福岡、Askul Logi PARK横浜などの物流センターの新設や個人向け通販LOHACOサービスの開始等があり、事業の拡大・変革を鑑み、2016年5月期からは新たに環境中長期目標の見直しを行いました。
新しい目標は、これまでと同じ「CO2排出量」と「資源消費量」の2つの軸とともに、新たに「環境に配慮した商品開発・調達」「お客様との環境コミュニケーション」の2つの目標を設定しました。「CO2排出量」については、事業所からのCO2排出量に加え、物流センターからお客様にお届けするまでの配送に伴うCO2排出量も算定の対象といたしました。また、「資源消費量」においては、お客様にお届けする「梱包資材量」だけでなく、事業所から排出される排出物量を含む資源消費量を算定の対象といたしました。これにより、アスクルのエコプラットフォームにおけるサプライチェーン全体をバウンダリとした環境中長期目標の設定を行いました。

環境中長期目標① 事業活動に伴うCO2排出量を削減します。
【2020年目標】オーダー1明細行あたりCO2排出量20%削減※1
環境中長期目標② 事業活動に伴う資源消費量を削減します。
【2020年目標】オーダー1明細行あたりの資源消費量を20%削減※2
環境中長期目標③ 環境に配慮した商品開発・調達を行います。
環境中長期目標④ 環境情報の提供や安心安全に配慮し、お客様との環境コミュニケーションを行います。

※1:バウンダリ:アスクル事業所CO2排出量+配送CO2排出量/基準年:2014年5月期
※2:バウンダリ:アスクル事業所排出物量+センター梱包時の資材消費量/基準年:2014年5月期

環境中長期目標の策定

環境中長期目標の進捗状況

アスクル環境中長期目標は、お客様のオーダー1明細行あたりの「CO2排出量」と「資源消費量」において、2014年5月期を基準年とし、2021年5月期に20%削減するという数値目標を掲げています。

■オーダー1明細行あたりCO2排出量

2021年5月期の環境中長期目標は、基準年のCO2排出量に対して、オーダー1明細行あたり20%削減を目指しています。2017年5月期は、基準年比約10%の減少となりました。今後も事業所からのCO2排出量については、設備の更新や省エネの推進、配送に伴うCO2排出量については、物流センターからお客様までの配送ルートの最適化、再配送の削減などにより、CO2排出量の削減に取り組んでまいります。

■オーダー1明細行あたりの資源消費量

2021年5月期の環境中長期目標は、基準年の梱包資材量に対して、オーダー1明細行あたり20%削減を目指しています。2017年5月期は、基準年に比べて約1%の微増でした。個人向け事業の拡大によりダンボールの使用量が増えたことなどが要因となっています。

■「環境に配慮した商品開発・調達」、「環境情報の提供や安心安全に配慮したお客様との環境コミュニケーション」

これら2つの目標は、アスクルの事業活動を通じて各部門の環境活動の中で取り組んでいます。環境目標の設定・具体的な計画策定・進捗管理は、環境マネジメントシステムの仕組みの中で運用しています。

CO2削減貢献量

アスクルでは、「CO2排出量」を削減するため、環境中長期目標を設定し、事業活動の全領域を対象に改善活動を実施しています。2013年5月期から、各改善活動をより効果的にあらわす指標として、新たに「CO2削減貢献量」という考え方を取り入れました。「CO2削減貢献量」は、改善活動を実施しなかったと仮定した場合の想定排出量から実際の排出量を差し引いた量、つまり削減努力によって排出を抑制した量のことで、その効果を「見える化」することにより、より「CO2排出量」の削減を目指しています。
CO2削減貢献量の算定方針・算定方法は、専門家の協力のもと、ガイドラインを策定し、算定ルール・手順を取り決めました。

環境活動報告

アスクルのオリジナル商品の環境対応 ASKULオリジナル

ふやして減らそう!住友林業 × アスクル × ヤンマー地球温暖化を防ぐ「REDD+」の取り組みをはじめています