選択中の
お届け先

東京都江東区豊洲3

変更

お届け先の変更

検索結果や商品詳細ページに表示されている「お届け日」「在庫」はお届け先によって変わります。
現在のお届け先は アスクルの本社住所である、
東京都江東区豊洲3(〒135-0061)
に設定されています。
ご希望のお届け先の「お届け日」「在庫」を確認する場合は、以下から変更してください。

アドレス帳から選択する(会員の方)
ログイン

郵便番号を入力してお届け先を設定(会員登録前の方)

※郵便番号でのお届け先設定は、注文時のお届け先には反映されませんのでご注意ください。
※在庫は最寄の倉庫の在庫を表示しています。
※一時品切れ中の場合も、別の倉庫からお届けできる場合がございます。

  • 変更しない
  • この内容で確認する

  1. ホーム
  2. おすすめ特集一覧
  3. きちんとはかろう!みんなを守る残留塩素

きちんとはかろう!みんなを守る残留塩素

残留塩素をきちんと知ろう

  • 残留塩素とは

    水道水などを消毒するために使用される塩素系薬剤を有効塩素といいます。有効塩素は殺菌や汚染物との反応、紫外線の作用で分解しますが、その後も一定の量が水中に残ります。それを、残留塩素と呼びます。

  • 塩素のメリット、デメリット

    塩素のメリットは、病原性の菌の感染力を失わせること。デメリットは、独特のカルキ臭、有害物質トリハロメタンの生成、塩素そのものが人体に有害なことです。そのため、殺菌力を保ちつつ、害のない範囲の残留塩素濃度を保つことが必要です。また飲料水用、雑用水用など、用途によって基準が変わるので、その点についても留意しなくてはいけません。

それぞれの施設にとって適正な残留塩素濃度とは

  • ビル・建物
  • 旅館・入浴施設・介護施設
  • プール
  • 残留塩素測定器を選ぶ

※地域によって、基準を別に定めている場合もありますので、詳細については、お近くの市区町村または保健所にご確認ください。

ビル・建物

ビル・建物

建築物衛生法のおさらい

建築物衛生法とは

水道水の安全性を保つためには定期的な水質検査が必要です。水道事業者の配水管から分岐して設けられた給水施設は、建築物の所有者又は管理者に検査の義務があります。 それを定めているのが建築物衛生法で、対象となる「特定建築物」は建築物衛生法に基づき、当該特定建築物の維持管理しなければなりません

みんなが使用する水だから濃度を守り検査を

検査内容と頻度

水道水質基準は、水道法第4条に基づいて厚生労働省令によって定められており、検査項目や基準、検査頻度などを詳細に指定しています。中でも、給水栓における水に含まれる遊離残留塩素の含有率検査は7日に1度と、他の項目に比べると頻度が高く、水の安全を保つためには残留塩素濃度が重要であるといえるでしょう。

旅館・入浴施設・介護施設

旅館・入浴施設・介護施設

建築物衛生法のおさらい

公衆浴場法、旅館業法、社会福祉施設の対策

公衆浴場法は、公衆浴場の経営について規定した法律、旅館業法は旅館業の業務について定める法律で、それぞれ、施設の清潔と入浴者、宿泊者の衛生に必要な措置を講じなければならない旨が規定されています。また、社会福祉施設等におけるレジオネラ症防止対策は、地域の自治体によって基準が厳しく設けられています。

入浴場に潜む菌から守るために濃度を守り検査を

レジオネラ症について

浴場における感染症で最も注意が必要なのがレジオネラ症です。レジオネラ症は、レジオネラ属菌が原因で起こり、急激に重症になって死亡する場合もある怖い感染症です。
レジオネラ症は、レジオネラ属菌に汚染された細かい水滴(エアロゾル)を吸い込むことで感染するので、打たせ湯、シャワー、ジャグジーなどエアロゾルが発生する場所では特に注意が必要です。同様に、循環式浴槽水も、管理する必要があります

レジオネラ症を防ぐために

レジオネラ属菌の消毒には、塩素が有効です。水道水は一定の残留塩素濃度があることから、レジオネラ属菌の繁殖はしづらいといわれていますが、循環式浴槽などでは塩素がどんどん消費されていきます。そのため、適切な遊離残留塩素濃度を維持することが重要となります。レジオネラ症を防ぐ遊離残留塩素濃度は0.2~0.4mg/Lを1日2時間以上保つことが望ましいとされています。

プール

プール

遊泳用プールの衛生基準のおさらい

遊泳用プールの衛生基準について

遊泳用プールは多人数が利用するため、衛生管理を怠ると感染症拡大の原因になります。そのため、プールの衛生確保を目的とした「遊泳用プールの衛生基準」が厚生労働省によって定められ、通達されています。

大勢が使うプールだから濃度を守り検査を

塩素消毒と遊離残留塩素濃度

遊泳用プールは、プールの利用者が持ち込む汚れや菌で、絶えず汚れていきます。そのため、水の遊離残留塩素濃度を保ち、利用者の持ち込んだ汚れを消毒することが衛生管理のキモです。しかし、塩素は汚れと反応し分解されていくため、放っておくと残留塩素濃度が低くなります。定期的に遊離残留塩素濃度を測定し、適切な塩素濃度を保ちましょう。特に屋外プールは紫外線や雨の影響を受けやすいため、塩素消費が激しく、注意が必要です。「遊泳用プールの衛生基準」では、遊離残留塩素濃度は0.4mg/L以上1.0mg/L以下であることと定められています。

適正なpH値

実は水のpH値も、水質を保つ上で重要になります。pHが高くなると遊離塩素が消費されやすくなり、塩素剤の効果が充分に発揮されません。逆にpHが低くなると、プール自体や施設などの腐食の原因になるので、中性を保つことを心がけましょう。「遊泳用プールの衛生基準」ではpH値が5.8~8.6であることと定められています。

残留塩素測定器を選ぶ

比色タイプ
水と試薬が反応した時の色を比較して測定するタイプ
デジタルタイプ
デジタル表示で、数値がでるタイプ
6個入り少量パックのお求めやすい簡易水質キット。持ち運びやすく、手軽に遊離残留塩素がはかれます。
カラーチャートは8段階。
付属の試験管に試薬と水道水を入れて、本体の色見本と比べるだけの残留塩素簡易測定器。
カラーチャートは12段階。
デジタル表示でわかりやすい残留塩素測定器。水と試薬を入れてセットしてから2秒で測定できます。
シンプルパック ミニ 遊離残留塩素 ClO 080520-3062 1箱(6個入) 柴田科学
シンプルパック ミニ 遊離残留塩素ClO
080520-3062 1箱(6個入)柴田科学
販売価格(税抜き)¥779
販売価格(税込)¥841
残留塩素測定器 DPD法 粉体試薬100回分付 080540-521 柴田科学
残留塩素測定器 DPD法 粉体試薬
100回分付080540-521 柴田科学
販売価格(税抜き)¥12,100
販売価格(税込)¥13,068
水質計 アクアブ 残留塩素AQ-201 080560-201 柴田科学
水質計 アクアブ 残留塩素AQ-201
080560-201 柴田科学
販売価格(税抜き)¥48,800
販売価格(税込)¥52,704
オプション 粉体試薬はこちら
検査キット
DPD試薬 100袋
販売価格(税抜き)¥1,710
販売価格(税込)¥1,846
DPD試薬 500袋
販売価格(税抜き)¥6,256
販売価格(税込)¥6,756

きちんとはかろう!みんなを守る残留塩素の先頭へ