環境中長期目標

  • 環境長期目標とRE100、EV100
  • SBT(Science Based Targets:企業版2℃目標)
  • 環境中長期目標の策定
  • 環境中長期目標の進捗状況
  • CO2削減貢献量

環境長期目標とRE100、EV100 への加盟

2016年7月に開催した「アスクル環境フォーラム2016」において、「2030年CO2ゼロチャレンジ」を発表しました。2017年11月に開催した第2回目となる「環境フォーラム2017」では、「RE100」と「EV100」へ加盟し※1、取り組みを進めていくことを宣言いたしました。「RE100」と「EV100」双方への加盟は、国内企業としては初の事例となります。(「RE100」は Renewable Energy100 を、「EV100」は Electric Vehicles100 を意味 しています。)
●「RE100」は、事業運営を100%再生可能エネルギーで調達することを目標に掲げる企業が参加する国際ビジネスイニシアチブです。アスクルでは、「RE100」加盟に際し、以下2つの目標達成を宣言いたしました。
・「 中 間 目 標 」:2025 年までに、本社および物流センターでの再生エネルギー利用率を 100%にする 。
・「 目 標 」:2030 年までに、子会社を含めたグループ全体での再生エネルギー利用率を 100%にする 。
●「EV100」は、事業運営に関係する車輌をすべて電気自動車に転換することを目標に掲げる企業が参加する国際ビジネスイニシアチブです。物流センターの運営や配送を担うグループ企業 ASKUL LOGIST 株式会社が所有およびリースにより使用する配送車輌について、2030 年までに100%EV化することに取り組んでまいります。

※1:「RE100」と「EV100」双方とも、英国の非営利組織クライメイト・グループ(The Climate Group)が主催するビジネスイニシアチブです。 2014 年に始まった「RE100」 は、2018年2月16日現在世界の環境先進企業125社が加盟しており、日本国内企業による加盟は今回 3 社目になりま す。また、2017 年に始まった「EV100」は、同日付現在世界で16社が加盟しており、日本国内企業による加盟は 2 社目となります。

環境長期目標とRE100、EV100 への加盟

SBT(Science Based Targets:企業版2℃目標)認定取得

アスクルは、当社が設定した温室効果ガス削減目標が、国際的なイニシアティブである『Science Based Targets(SBT)』(※1)により認定されました。SBT(Science Based Targets)は、産業革命時期比の気温上昇を「2℃未満」にするために、企業が気候科学(IPCC)に基づく削減シナリオと整合した削減目標を設定し、SBTイニシアティブにより認定を受けるものです。

アスクルは、2016年、「2030年CO2ゼロチャレンジ」を宣言し、2017年には、国際的イニシアティブである「RE100(Renewable Energy 100%)」と「EV100(Electric Vehicle 100%)」に加盟しました。 事業所・物流センターからのCO2排出量をゼロに、また物流センターからお客様にお届けする車両(子会社所有またはリース)からのCO2排出量をゼロにする取り組みを進めており、この取り組み目標がSBTに認定されました。

認定された温室効果ガス削減目標は、2030年度までに、グループ全体のScope1※1とScope2※に関するCO2排出量をゼロに、Scope3※3を12%削減するものです。

※1:『Science Based Targets(SBT)』 2015年にCDP、国連グローバル・コンパクト、WRI(世界資源研究所)、WWF(世界自然保護基金)の4団体が共同で設立し、産業革命前からの気温上昇を2℃未満に抑えるために、科学的根拠に基づいた温室効果ガス排出削減目標の設定を企業に働きかけている。

Science Based Targets(SBT)

※2:Scope1 燃料の燃焼など、自らによる温室効果ガスの直接排出
※3:Scope2 他者から供給された電気・熱・蒸気の使用に伴う間接排出
※4:Scope3 サプライチェーンにおけるその他間接排出

環境中長期目標の策定

アスクルでは、2013年5月期に、「CO2排出量」と「資源消費量」の2つの軸で、2020年度をターゲットとした環境中長期目標を策定し、これらの目標を達成するために、事業活動と関連性の高い「低炭素」「資源消費」「グリーン購入」の3つの環境課題を取り組むべき重点分野として継続的な改善活動を進めてまいりました。
これらの目標は策定から4年が経過しましたが、その間にAskul Logi PARK福岡、Askul Logi PARK横浜などの物流センターの新設や個人向け通販LOHACOサービスの開始等があり、事業の拡大・変革を鑑み、2016年5月期からは新たに環境中長期目標の見直しを行いました。
新しい目標は、これまでと同じ「CO2排出量」と「資源消費量」の2つの軸とともに、新たに「環境に配慮した商品開発・調達」「お客様との環境コミュニケーション」の2つの目標を設定しました。「CO2排出量」については、事業所からのCO2排出量に加え、物流センターからお客様にお届けするまでの配送に伴うCO2排出量も算定の対象といたしました。また、「資源消費量」においては、お客様にお届けする「梱包資材量」だけでなく、事業所から排出される排出物量を含む資源消費量を算定の対象といたしました。これにより、アスクルのエコプラットフォームにおけるサプライチェーン全体をバウンダリとした環境中長期目標の設定を行いました。

環境中長期目標① 事業活動に伴うCO2排出量を削減します。
【2020年目標】オーダー1明細行あたりCO2排出量20%削減※1
環境中長期目標② 事業活動に伴う資源消費量を削減します。
【2020年目標】オーダー1明細行あたりの資源消費量を20%削減※2
環境中長期目標③ 環境に配慮した商品開発・調達を行います。
環境中長期目標④ 環境情報の提供や安心安全に配慮し、お客様との環境コミュニケーションを行います。

※1:バウンダリ:アスクル事業所CO2排出量+配送CO2排出量/基準年:2014年5月期
※2:バウンダリ:アスクル事業所排出物量+センター梱包時の資材消費量/基準年:2014年5月期

環境中長期目標の策定

環境中長期目標の進捗状況

アスクル環境中長期目標は、お客様のオーダー1明細行あたりの「CO2排出量」と「資源消費量」において、2014年5月期を基準年とし、2021年5月期に20%削減するという数値目標を掲げています。

■オーダー1明細行あたりCO2排出量

2021年5月期の環境中長期目標は、基準年のCO2排出量に対して、オーダー1明細行あたり20%削減を目指しています。2018年5月期は、基準年比約2%の減少となりましたが、前年比では約7%の増加となりました。事業所からのCO2については、AVC日高、AVC関西など大型の新設物流センターが稼働を開始し、本格的な稼働に至っていないのが大きな要因です。2018年5月には、1物流センターにおいてCO2ゼロの電力に切り替えを行いました。2019年5月期には、さらに3センターにおいて、CO2ゼロの電力に繰り替える予定です。今後も事業所からのCO2排出量については、省エネに取り組むとともに、CO2ゼロの電力への切り替えを実施してまいります。また、一方配送に伴うCO2排出量については、電気自動車の導入、物流センターからお客様までの配送ルートの最適化、再配送の削減などにより、CO2排出量の削減に取り組んでまいります。

■オーダー1明細行あたりの資源消費量

2021年5月期の環境中長期目標は、基準年の資源消費量に対して、オーダー1明細行あたり20%削減を目指しています。2018年5月期は、基準年に比べて約12%の増加でした。排出物重量約21000トンのうち、約6000トンは、2017年2月に起こったALP首都圏の火災後の処理による排出物です。この火災分を除けば、総量、原単位とも前年に比べ、減少しています。

■「環境に配慮した商品開発・調達」、「環境情報の提供や安心安全に配慮したお客様との環境コミュニケーション」

これら2つの目標は、アスクルの事業活動を通じて各部門の環境活動の中で取り組んでいます。環境目標の設定・具体的な計画策定・進捗管理は、環境マネジメントシステムの仕組みの中で運用しています。

CO2削減貢献量

アスクルでは、「CO2排出量」を削減するため、環境中長期目標を設定し、事業活動の全領域を対象に改善活動を実施しています。2013年5月期から、各改善活動をより効果的にあらわす指標として、「CO2削減貢献量」という考え方を取り入れています。「CO2削減貢献量」は、改善活動を実施しなかったと仮定した場合の想定排出量から実際の排出量を差し引いた量、つまり削減努力によって排出を抑制した量のことで、その効果を「見える化」することにより、より「CO2排出量」の削減を目指しています。
CO2削減貢献量の算定方針・算定方法は、専門家の協力のもと、ガイドラインを策定し、算定ルール・手順を取り決めました。

2018年5月期は、8項目についての削減貢献量を算定いたしました。
これら合計で約4800 t-CO2以上のCO2削減に貢献したことになります。

■2018年5月期

項目および算定方法 CO2
削減貢献量
(t-CO2
(1)LED 電球の販売

(LED導入前の電球の消費電力量-LED電球の消費電力量)×販売数 × CO2排出係数

※照明は定格寿命に基づく

4401.5
(2)物流センターにおける電力使用量の削減

(基準年の電力使用量-当期の電力使用量) × CO2排出係数

275.0
(3)環境車両の導入

(環境車両以外の車両の総 CO2 排出量ー環境車両の総 CO2 排出量)

8.3
(4)エコドライブ

(基準年の燃費ー当期の燃費)× 距離 × CO2排出係数

130.3
(5)PC 入替による CO2 削減

(入替前の総電力消費量ー入替後の総電力消費量)× CO2排出係数

0.2
(6)どこでもプリントによる CO2 削減

(プリンター入替前の総 CO2 排出量ープリンター入替後の総 CO2 排出量)

0.9
(7)ThinClient による CO2 削減

(ThinClient 導入前の総 CO2 排出量ーThinClient 導入後の総 CO2 排出量)

3.8
(8)OA 機器リサイクル

(OA機器廃棄時のCO2排出量ーOA機器リサイクル時CO2排出量)× リサイクル台数

3.2

環境活動報告

アスクルのオリジナル商品の環境対応 ASKULオリジナル

ふやして減らそう!住友林業 × アスクル × ヤンマー地球温暖化を防ぐ「REDD+」の取り組みをはじめています