企業情報

沿革

アスクルの誕生から現在までの歴史をご覧いただけます。

アスクルの軌跡

2018年 1月
  • 埼玉県日高市と「災害時の食糧等の提供に関する協定」を締結
  • 「ASKUL Value Center関西」開所式実施
  • 大阪府吹田市、吹田ロジスティック特定目的会社と「災害時における救援物資拠点場所の提供協力に関する協定」を、大阪府吹田市と「災害時における物資の提供協力に関する協定」を締結
 
2月
  • 「ASKUL Value Center関西」稼働開始
  • 法人向けサービス「ASKUL」、コピー用紙の定期配送サービス開始
  • カタログNo.26 Vol.1発刊
    <アイテム数約36,500>
  • 医療・介護用品 2018
    春の特別号発刊
    <アイテム数約1,150>
3月
  • LOHACO、2018年5月に「Yahoo!ショッピング」に出店
4月
  • 「LOHACO ECマーケティングラボ」、129社の参加企業と共に、第5期始動
5月
  • ネクストエナジー社の「グリーナでんき」を導入開始
7月
  • 新たな小口配送モデルの実証実験を開始
8月
  • LOHACO、お客様累計 500 万人突破
  • 環境省より「エコ・ファースト企業」の認定を取得(EC業界で初)
  • カタログNo.26 Vol.2発刊
    <アイテム数約37,400>
  • 衛生・介護用品カタログ2018~2019号発刊
    <アイテム数約9,200>
  • 医療機関向けカタログ2018~2019号発刊
    <アイテム数約11,800>
2017年 2月
  • 「ASKUL Logi PARK首都圏」で火災発生
  • カタログNo.25 Vol.1発刊
    <アイテム数約35,750>
  • 医療・介護用品 2017 春の特別号発刊
    <アイテム数約1,250>
4月
  • 「LOHACO ECマーケティングラボ」、123社と共に第4期始動
  • LOHACOのマーケティング思想を実現する新発想の新物流拠点「ASKUL Value Center日高」新設
 
5月
  • ペット用品eコマース大手、株式会社チャームを完全子会社化
  • 「オリコン 日本顧客満足度ランキング”オフィス通販”ランキング」において第1位を受賞
 
6月
  • 「J.D.パワー 2017年日本オフィス用品通販サービス顧客満足度調査」において第1位を受賞
 
7月
  • 株式会社セブン&アイ・ホールディングスと業務提携の基本合意
 
8月
  • Happy On Timeに「置き場所指定配送」「ダンボール回収」など、お届け時に便利な4つの機能を追加
  • 日本初の民間主導による緊急災害対応アライアンス 「SEMA」を設立、加盟
 
9月
  • アスクル最大の物流拠点「ASKUL Value Center 関西」 竣工
  • LOHACO、累計お客様数400万人突破
  • カタログNo.25 Vol.2発刊
    <アイテム数約36,500>
  • 衛生・介護用品カタログ 2017~2018号発刊
    <アイテム数約9,100>
  • 医療機関向けカタログ 2017~2018号発刊
    <アイテム数約11,700>
10月
  • 「暮らしになじむLOHACO展 2017」開催。LOHACO ECマーケティングラボ参加メーカー41社がデザインした新商品61点を発表
 
11月
  • 法人向けサービス「ASKUL」、個人クレジットカード決済の提供開始
  • LOHACO、株式会社セブン&アイ・ホールディングスと協同で生鮮EC「IYフレッシュ」開始
  • 「2030年 CO2ゼロチャレンジ」実現へ向け、日本で初めて「RE100」「EV100」二つの国際ビジネスイニシアチブに加盟
 
2016年 2月  
  • カタログNo.24 Vol.1発刊
    <アイテム数約34,600>
  • メディカル&ケア 2016春の特別号発刊
    <アイテム数約1,700>
3月
  • フィンテックベンチャーのマネーフォワードと、オフィス向け・個人向け双方での新規サービス開発で業務提携
 
4月
  • 「アスクル横浜センター」を移転・拡充した「ASKUL Logi PARK横浜」が稼動
  • 98企業の参加により「LOHACO EC マーケティングラボ」3期目の活動を開始
 
5月
  • 運搬・開封・保管のしやすさを追求したLOHACOオリジナル天然水「LOHACO Water」販売開始
  • 物流センター庫内運営および小口配送業務を担う子会社名称を、Bizex株式会社からASKUL LOGIST株式会社へ変更
  • 人工知能型チャットボット“マナミさん” 、スマホ・タブレット版でお客様対応開始
 
6月
  • テレビCM「今日も、ロハコで買ってます。」を放映
  • LOHACO、「ワーママサポート大賞 サービス部門グランプリ」を受賞
  • 物流ピッキング分野へのロボット導入を目的としてMUJINとの業務提携を発表
 
7月
  • 医薬品・医療機器などを販売するECサイト「アスクル メデトモ」を「ASKULWebサイト」に統合
  • LOHACO、お客様数累計が300万人を超える
  • マネーフォワードとの業務提携にサービス第一弾「MFクラウド経費 for ASKUL」をリリース
 
8月
  • ソフトバンクモールにLOHACOを出店
  • LOHACO新受取りサービス「Happy On Time」を、東京5区および大阪3区でサービス開始
  • カタログNo.24 Vol.2発刊
    <アイテム数約35,200>
  • 衛生・介護用品カタログ 2016~2017号(創刊号)発刊
    <アイテム数約8,500>
  • 医療機関向けカタログ 2016~2017号(創刊号)発刊
    <アイテム数約11,000>
9月
  • LOHACO Water、「2016 日本パッケージングコンテスト 輸送包装部門賞」を受賞
  • LOHACO、マーケットプレイス型の販売をスタート
  • アスクル初のゲームアプリが新登場。LOHACOと連動した新感覚のペット育成ゲームアプリ「ろはぺっと」の提供開始
 
10月
  • 電気自動車の配送拠点「世田谷デポ」を稼働開始
  • 暮らしに必要な家計管理を隙間時間でスマートに完結。 「LOHACO 家計簿」を開始
  • LOHACO ECマーケティングラボ、フレンドシップパートナーとともにビッグデータ連携とAI活用によりラボ参加企業を支援
  • 「暮らしになじむLOHACO展」を出展。LOHACO ECマーケティングラボ参加メーカー36社がデザインした新商品47点を発表
 
11月
  • アスクルのオリジナル商品が「レッド・ドット・デザイン賞」を受賞
  • LOHACOのお問い合わせ応対チャットボット「マナミさん」がLINEでお客様サポートを開始
 
12月
  • 「ソロエルアリーナ」でも医療材料の販売を開始
  • 「MFクラウド確定申告 for ASKUL」を提供開始
 
2015年 2月
  • 50企業の参加により「LOHACO ECマーケティングラボ」2期目の活動を開始
  • カタログNo.23 Vol.1発刊
    <アイテム数約33,600>
  • メディカル&ケア 2015春の特別号発刊
    <アイテム数約1,000>
  • 「食品を取り扱う方のためのお役立ちカタログ」発刊
4月
  • 「ダイバーシティ宣言」で、アスクルグループにおけるダイバーシティ推進の積極的な取り組みをスタート
  • 化粧品専門のネットショップ「LOHACO BEAUTY」オープン
  • 間接資材カタログ「現場のアスクル 2015春号」発刊
    <アイテム数約3,600>
6月
  • 直販ビジネスの拡大に向け、ネスレ日本と物流領域における業務提携に基本合意
 
7月
  • LOHACO、サービス開始から2 年9 ヶ月でお客様累計200 万人突破!
  • 嬬恋銘水株式会社がアスクルグループへ
 
8月  
  • カタログNo.23 Vol.2発刊
    <アイテム数約34,000>
  • メディカル&ケア
    2015~2016号発刊
    <アイテム数約8,500>
  • 医療材料カタログ
    2015~2016号発刊
    <アイテム数約4,250>
9月
  • 自転車での配送サービスを提供する株式会社エコ配と資本・業務提携
  • LOHACOで自社精米による「ろはこ米」の販売開始へ
  • テレビCM「ロハコな暮らし」を放映
 
10月
  • LOHACO ECマーケティングラボ参加メーカー21社が、"くらしに馴染む"をコンセプトにデザインした商品を「TOKYO DESIGN WEEK 2015」に一同出展
  • 間接資材カタログ「現場のアスクルVol.1 2015~2016」号発刊
    <アイテム数約10,000>
11月
  • アリババグループ(中国)が運営する中国最大のeコマースサイト「Tmall Global(天猫国際)」にLOHACOを出店
 
12月
  • 「アスクル福岡センター」を移転・拡充した「ASKUL Logi PARK福岡」が稼動
 
2014年 10月
  • ソロエルアリーナで、お弁当宅配サービスを開始
 
9月  
  • “製造業”向け作業用品を厳選した冊子「工場用のプロストア」発刊
8月
  • 特定非営利活動法人キッズデザイン協議会主催、
    第8回キッズデザイン賞を復興支援デザイン部門で受賞
  • 昌利株式会社を吸収合併
  • LOHACOで酒類販売開始
  • カタログNo.22 Vol.2発刊
    <アイテム数約33,400>
  • メディカル&ケア カタログ2014~2015号発刊
    <アイテム数約7,900>
  • 医療材料カタログ2014~2015号発刊
    <アイテム数約4,300>
7月
  • 法人向けサービス強化拡充に向け、スターフェスティバル株式会社と業務・資本提携契約締結
 
6月
  • 医薬品専門店の「ロハコドラッグ」、第1類医薬品の販売開始
 
4月
  • LOHACO、サービス開始からわずか半年でご利用者累計100万人突破
  • Logi PARK首都圏に太陽光発電パネルを設置
 
2月
  • ビッグデータ活用によるサプライヤーとの共同研究・実践を目指し「LOHACO EC マーケティングラボ」設置
  • カタログNo.22 Vol.1発刊
    <アイテム数約32,500>
  • メディカル&ケア
    2014春の特別号発刊
    <アイテム数約 900>
2013年 12月
  • LOHACO内に、医薬品専門店の「ロハコドラッグ」オープン
 
9月
  • LOHACO、9月20日より、沖縄県(沖縄本島)でのサービス開始
  • "現場"を支える
    作業用品を厳選した冊子
    「ASKUL TOOL BOOK」を発刊
8月
  • 一般消費者向け(BtoC)インターネット通販サービス「LOHACO」(ロハコ)のサイト刷新
  • LOHACO、国内外で人気のブランドストア「ブランドモール」がオープン
  • カタログNo.21 Vol.2発刊
    <アイテム数約31,300>
  • メディカル&ケア カタログ
    2013~2014号発刊
    <アイテム数約8,500>
  • 医療材料カタログ
    2013~2014号発刊
    <アイテム数約4,800>
7月
  • 東日本エリアの新物流拠点「ASKUL Logi PARK首都圏」が稼働開始
 
5月
  • 「東日本メディカルセンター」を移設
 
2月
  • 2月21日より、アスクルサービスを沖縄県(一部地域を除く)でスタート 。
  • MROのプライベートブランド「現場のチカラ」を150アイテム投入。
  • カタログVol.21 No.1発刊
    <アイテム数約30,000>
  • メディカル&ケア
    2013春の特別号発刊
    <アイテム数約 997>
1月
  • 官民共同防災啓発イベント「防災ひろば2013」(福岡市天神)にパネル出展。
 
2012年 12月
  • Webショップの取扱いアイテム数が36万アイテム超え 。
 
11月
  • 一般消費者向け(BtoC)インターネット通販サービス「LOHACO」(ロハコ)のPCサイトオープンでサービスを本格スタート。
  • CRM協議会が主催する「2012 CRMベストプラクティス賞」を受賞 。
 
10月
  • ヤフー株式会社の協力のもと、一般消費者向け(BtoC)インターネット通販サービス「LOHACO」(ロハコ)がオープン。スマートフォン向けサービスの提供を開始。
 
9月
  • グリーン購入ネットワークが主催する第14回グリーン購入大賞「優秀賞」(大手企業部門)を受賞。
  • 日刊工業新聞社が実施している表彰制度「第15回 オゾン層保護・地球温暖化防止大賞」で審査委員会特別賞を受賞。
  • 出店メーカーから直接、卸価格で家具を仕入れることが可能なプロ専用家具卸サイト「仕入れ市場」をスタート。
 
8月
  • MROのプライベートブランド「現場のチカラ」をスタート。価格の"ベーシック"と、品質と機能の"プロ仕様"の2ラインで約100アイテムを新発売。
  • パナソニックとの共同企画による加湿空気清浄機のアスクル限定モデルを新発売。"BtoB家電プロジェクト"第1弾として、ニオイの気になる仕事場向けに機能面を強化。
  • カタログVol.20 No.2発刊
    <アイテム数約29,200>
  • メディカル&ケア カタログ
    2012~2013号発刊
    <アイテム数約7,600>
  • 医療材料カタログ
    2012~2013号発刊
    <アイテム数約3,500>
6月
  • Webショップの取扱いアイテム数が約26万アイテム超え。
 
5月
  • アスクル「みんなの仕事場」とGoogle「みんなのビジネスオンライン」による共同企画、働き方のヒントが見つかるサイト「みんなのスマートワークスタイル診断」をリリース。
  • 広範囲に風がわたる大型オフィス用扇風機 モニターキャンペーン実施。
  • BtoCオンライン通信販売事業の垂直立上げを目的に、ヤフー株式会社と業務資本提携契約を締結し、ヤフー株式会社に対する第三者割当増資を実施。
 
2月
  • "お客様のこんなのほしいな"によりいっそうお応えするため、仕事場仕様の新しい商品を企画するプロジェクト、「お仕事専用 こんなのほしいな 開発部」(http://www.askul.co.jp/hoshiina/新規ウィンドウ)を開始すると共に同コミュニティサイトをオープン。
  • カタログVol.20 No.1発刊
    <アイテム数約27,700>
  • メディカル&ケア 
    2012春の特別号発刊
    <アイテム数約 920>
  • 医療材料カタログ
    2012春の特別号発刊
    <アイテム数約194>
1月
  • Webショップの取扱いアイテム数が16万アイテム超え。
 
2011年 12月
  • アスクル(SOLOEL事業)、武田薬品工業の間接材購買業務を受託。
  • 空間デザインの投稿型コミュニティサイト「みんなの仕事場」において、仕事場をつくりたい人とプロが出会う新サービス「仕事場づくりの場」をリリース。
 
11月
  • アスクルと大日本印刷、中小事業所向けネット印刷通販サービスで協業。
 
10月
  • アスクルのお問い合わせセンターが「コンタクトセンター アワード 2011」を受賞。
  • "DESIGNTIDE TOKYO 2011"、今年は東京・南青山"スパイラル"に期間限定店舗を出店。
 
9月
  • アスクル物流子会社Bizex(ビゼックス)、自社初のVMI物流センター稼動開始。
  • 東京都江東区豊洲に本社移転。
 
8月
  • 中古パソコン販売の紹介および家具・OA機器等の備品レンタルの紹介サービスを開始。(東北6県にビジネス基盤をお持ちのお客様対象)
  • Webショップの取扱いアイテム数が10万アイテム超え。
  • カタログVol.19 No.2発刊
    <アイテム数約26,600>
  • メディカル&ケア カタログ
    2011~2012号発刊
    <アイテム数約5,000>
  • 医療材料カタログ
    2011~2012号発刊
    <アイテム数約3,500>
7月
  • 医療機関向けの医療材料専門Webショップ「アスクル メデトモ」(https://askulmed.jp/新規ウィンドウ)を開設。
  • (アスクル上海)ヤマトグループと協働し「半日配送サービス」を開始。
  • 7月29日から仙台DMC(物流センター)が全面稼動再開。
 
6月
  • 仙台DMC(物流センター)が、6月中のケース品出荷をもって一部稼動再開。
 
5月
  • カタログ非掲載のプロ向け商材をWebカタログで販売開始。理化学実験用品約25,000アイテム、作業用品約12,000アイテムに拡大。
 
3月
  • 東日本大震災の影響により仙台DMC(物流センター)、首都圏の物流センター、本社社屋(e-tailing center)が被災。
 
2月  
  • カタログVol.19 No.1発刊
    <アイテム数約26,400>
  • メディカル&ケア
    2011春の特別号発刊
    <アイテム数約550>
1月
  • 愛速客楽(上海)貿易有限公司が「2010年五つ星賞 最も期待されるブランド賞」を受賞。
 
2010年 9月
  • アスクルグループの個人向けECサイト「アスマル」がオープン。
  • アスクル初の家具ショールームを期間限定でオープン。
 
8月
  • 「アスクルアリーナ」のお問合せセンターがHDI-Japanの問い合わせ窓口格付けで通販業界唯一の三ツ星を獲得。
  • カタログVol.18 No.2発刊
    <アイテム数約27,400>
  • メディカル&ケア カタログ
    2010~2011号発刊
    <アイテム数約4,000>
  • 医療材料カタログ
    2010~2011号発刊
    <アイテム数約3,110>
2月  
  • カタログVol.18 No.1発刊
    <アイテム数約27,600>
  • メディカル&ケア
    2010春の特別号発刊
    <アイテム数約560>
2009年 12月
  • オフィス画像紹介サイト「みんなの仕事場」をリニューアル。
  • 間接材一括電子購買サービス「ソロエル」を株式会社ワールドが導入、稼動開始。
 
11月
  • 商品配送車両のラッピング広告を開始。
  • 「ECO-TURN配送」が東京都杉並区主催の「第6回すぎなみ環境賞」のベストごみ減量賞となる「なみすけ賞」のグランプリを受賞。
 
10月
  • 東京ミッドタウンで開催された「DESIGNTIDE TOKYO 2009」でオリジナルデザイン商品を展示・販売した初のリアル店舗を出店。
 
9月
  • 環境負荷低減を目的とした「ECO-TURN配送」のサービス対象地域を拡大。
    (東京23区の「アスクル・インターネットショップ」ご登録のお客様と横浜市・川崎市のアスクルアリーナのお客様)
 
8月  
  • カタログVol.17 No.2発刊
    <アイテム数約26,500>
  • メディカル&ケア カタログ
    2009~2010号発刊
    <アイテム数約3,400>
  • 医療材料カタログ
    2009~2010号発刊
    <アイテム数約2,800>
7月
  • 株式会社リクルートが運営する国内宿泊予約サイト「じゃらんnet」の宿泊施設向けに通販サービス「じゃらんお届けサービス」を開始
 
6月
  • 間接材一括電子購買サービス「SOLOEL」を株式会社ジェイアール東日本商事が導入、稼動開始
 
4月
  • 環境負荷低減を目的とした「ECO-TURN配送」をアスクルアリーナのお客様を対象に都内10区から運用開始
  • Bizex株式会社を100%子会社化
 
3月
  • オフィス画像投稿型コミュニティ「みんなの仕事場」が「第4回JWDA WEBデザインアワード」(主催:日本WEBデザイナーズ協会)のグランプリを受賞。
  • 「アスクル環境報告書2008年5月期」が第12回環境コミュニケーション大賞(主催:環境省、(財)地球・人間環境フォーラム)の環境報告書部門「環境報告優秀賞(地球・人間環境フォーラム理事長賞)を受賞。
 
2月
  • アスクル・インターネットショップをリニューアルオープン。
  • カタログVol.17 No.1発刊
    <アイテム数約26,100>
  • メディカル&ケア
    2009春の特別号発刊
    <アイテム数約700>
1月
  • 間接材一括電子購買サービス「ソロエル」を株式会社資生堂が導入、稼動開始。
  • 郵便事業株式会社の平成21年用お年玉付年賀はがき、年賀切手(くじ付)のお年玉1等賞品として「アスクル選べるオフィスグッズセット」が初採用。
 
2008年 12月
  • オフィス画像の投稿やオフィス事例紹介の投稿型コミュニティ「みんなの仕事場」をオープン。
  • 「アスクルお仕事サポート」において、新たに3サービス拡充。
 
11月
  • 株式会社伊勢丹との協業による「アスクル伊勢丹ギフトショップ」をインターネットショップ内に開設。
  • シャープオフィスレンタル株式会社と業務提携し、複合機レンタル仲介サービス「コピー機短期レンタルサービス」を開始。
  • メディカルプロ2009
    増刊号発刊
    <アイテム数約480>
9月
  • お客様とのコミュニケーション・プラットフォームを実現するデスクトップツール「ASKUL DESKTOP」のアップデート版1.0の提供開始
 
8月
  • 「アスクルスピードプリントセンター」において、「スタンプ作成インターネットショップ」がリニューアルオープン。
  • カタログVol.16 No.2発刊
    <アイテム数約24,800>
  • 家具カタログ
    2008~2009号発刊
    <アイテム数約1,700>
  • メディカル&ケア
    2008秋・冬号発刊
    <アイテム数約3,600>
7月
  • 個人向けECサイト「ぽちっとアスクル」のモバイル版ECサイトを開設。
 
6月
  • 24時間いつでもイメージ通りの名刺・封筒発注が可能な「アスクルスピードプリントセンター」を開設し、webショップをリニューアルオープン。
  • 「アスクルお仕事サポート」において、新たにサービスを拡充。
  • アスクルオリジナル商品が「スウェディッシュデザインアワード」を受賞。
 
4月
  • 間接材の最適購買および間接材購買の業務負担軽減を支援するBPOサービス「SOLOEL」の提供を開始。
 
3月
  • 有力専門サイトと提携し、ビジネスに役立つサービス情報を提供する「アスクルお仕事サポート」をインターネットショップ内に開設。
  • お客様との新しいコミュニケーション・プラットフォームを実現するデスクトップツール「ASKUL DESKTOP」β版を配布開始。
 
2月
  • 工場系間接材カタログ「アスクル工場系MROカタログ2008 0号」を創刊。
  • 当日配送エリアに愛知県13エリアが加わり拡大。
  • カタログVol.16 No.1発刊
    <アイテム数約24,000>
  • 家具カタログ
    2008春・夏号発刊
    <アイテム数約1,700>
  • MROカタログ
    2008 0号発刊
    <アイテム数約1,000>
  • メディカル&ケア
    2008春の特別号発刊
    <アイテム数約550>
2007年 12月
  • 個人向けECサイト「ぽちっとアスクル」開設。
 
11月   メディカルプロ カタログ
No.3 2008発刊
<アイテム数約3,000>
8月
  • 当日配送エリアに京都市が加わり、更に拡大。
  • アスクルブランドのコピー用紙を価格改定し値上げ。
  • 東北・北海道エリアの新物流拠点「仙台DMC」を新設・稼動開始。
  • カタログVol.15 No.2発刊
    <アイテム数約24,900>
  • 家具カタログ
    2007秋・冬号発刊
    <アイテム数約1,600>
  • メディカル&ケア
    2007秋・冬号発刊
    <アイテム数約3,700>
7月
  • 日経BP社「日経コンピュータ」 「IT Japan Award 2007」準グランプリを受賞。
 
3月
  • デザイン&ビジネスフォーラム「平成18年度デザイン・エクセレントカンパニー賞」を受賞。
 
2月
  • 専門商材の品揃えを強化した専門ショップを11ショップへ拡大。
  • インターネットとカタログを合わせ、トナー・インクの取扱いは日本最大級のアイテム数を実現。
    (約3,000アイテム)
  • カタログVol.15 No.1発刊
    <アイテム数約21,000>
  • 家具カタログ
    2007春・夏号発刊
    <アイテム数約1,350>
  • メディカル&ケア
    2007春の特別号発刊
    <アイテム数約400>
1月
  • 日本経済新聞社「2006年日経優秀製品・サービス賞」優秀賞「日経MJ賞」を受賞。
 
2006年 12月
  • 地図による商品配送状況確認サービス「いつくるマップ」スタート。
 
11月
  • CRM協議会「2006CRMベストプラクティス賞」
    一般企業部門を受賞。
  • インターネット売上高比率が50%を超える。
メディカルプロ カタログ
No.2 2007発刊
<アイテム数約1,500>
9月
  • 西日本エリアの新しい物流拠点「大阪DMC]を新設・稼動開始。
  • 配送サービスシステム「シンクロカーゴ」稼動開始。
 
8月
  • カタログ未掲載のインク・トナー・プリンタの簡単お取り寄せサービス」の拡充。
  • プリンタ・トナーの「まとめ見積りサービス」開始。
  • 当日配送エリアが26地区加わり拡大。
  • 専門の担当員を配置した相談窓口「プリンタお悩みデスク」がオープン。
  • 家具の購入時に便利な「分割払い」「リース」の取扱い開始(税込30万円以上お買上げのお客様対象)。
  • ご注文金額1,900円(税込)以上で送料無料。
  • 業務用鍋お取り寄せサービス開始。
  • カタログVol.14 No.2発刊
    <アイテム数約19,000>
  • 家具カタログ
    2006秋・冬号発刊
    <アイテム数約1,100>
  • メディカル&ケアカタログ
    2006秋・冬号発刊
    <アイテム数約3,100>
6月
  • 首都圏を中心にTVCMを放映(~7月下旬)。
  • ポータルアスクル、モバイルサイト開設。
 
4月
  • 愛知県東海市で当日配送を開始。
 
3月
  • オリジナルブランドのコピーペーパー調達輸送においてシートパレットの導入を開始。
 
2月
  • 個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムの要求事項(JIS Q 15001)の審査を受け、財団法人 日本情報処理開発協会(JIPDEC)よりプライバシーマーク付与を認定される。
  • カタログVol.14 No.1発刊
    <アイテム数16,100>
  • 別冊家具カタログ2006創刊
    <アイテム数1,200>
  • メディカル&ケア2006
    春の特別号発刊
    <アイテム数430>
1月
  • 新CRMシステムを導入し、CRMの新拠点とし東京都新宿区に「アスクル コンシェルジェ・デスク」を開設。
  • 医療材料デリバリーサービス、岩手県で販売開始。
 
2005年 12月
  • アスクルの新聞広告が第54回 日経広告賞 準部門賞を受賞。
 
11月
  • 医療機関向けに医療材料を取り扱う専門カタログを創刊し、デリバリーサービスを開始。
  • ポータルアスクル、時間指定配送サービス開始。
メディカルプロカタログ
No.1 2006 創刊
<アイテム数約820>
8月
  • 新カタログで北欧デザイナーを起用したオリジナル新商品を多数発売。
  • カタログVol.13 No.2発刊
    <アイテム数16,300>
  • メディカル&ケアカタログ
    2005年秋・冬号発刊
    <アイテム数3,300>
6月
  • 「環境に配慮した商品・サービス」紹介コーナーをアスクル・インターネットショップ内に新設。
  • アスクルブランドの紙製品の「紙製品に関する調達方針」を策定、公開。
  • 名古屋センターの配送エリアに長野県と山梨県が加わり更に拡大。
 
5月
  • 情報セキュリティマネジメントシステムの国際的規格「BS7799-2:2002」および国内規格「ISMS認証基準(Ver.2.0)」の認証を取得。
  • アスクルアリーナのプロモーションサイトをアスクル・インターネットショップ内に新設。
  • ビジネスマート株式会社を完全子会社化。
 
3月
  • ダンボール無料回収サービス開始。(当日配送エリア)
  • 北欧のデザインハウスやデザイナーと共同開発したスカンジナビアン・デザインの商品を販売開始。
  • オフィス家具らくまるサービスで「セキュリティシステム工事」の提供を開始。
  • カタログVol.13 No.1発刊
    <アイテム数15,900>
  • メディカル&ケアカタログ
    2005年春の特別号発刊
    <アイテム数550>
1月
  • 名古屋センターの配送エリアに静岡県も加わり拡大。
 
2004年 12月
  • インターネット注文サイトに「OAステーション」を新設し、法人向けパソコンの販売を開始。
  • 第53回日経広告賞の「IR広告賞 優秀賞」を受賞。
 
11月
  • 名古屋市内での当日配送を開始。
 
10月
  • イデーと共同開発した新しいオフィスファニチャーシリーズ「HARDWARE by IDÉE」の販売を開始。
  • インターネット注文サイトに「家具ショップ」を新規オープン。
  • 東京・青山、原宿を中心に開催されたデザインイベント「東京デザイナーズブロック(tdB)」に初参加。
  • 名古屋センターの配送エリアが愛知県と岐阜県全域に拡大。
 
9月
  • 愛知県東海市に東海・北陸地域初の物流拠点「アスクル名古屋センター(プロロジスパーク東海)」を新設、稼動。
  • 名古屋市内での配送を開始。
  • カタログVol.12 No.2発刊
    <アイテム数14,700>
  • メディカル&ケアカタログ
    2004年秋・冬号発刊
    <アイテム数3,200>
7月
  • オフィス家具らくまるサービスで、新たにIPビジネスホンの販売を東京都(島嶼部を除く)、神奈川県、埼玉県、千葉県の1都3県で開始。
 
4月
  • 東京証券取引所市場第一部に株式を上場。
 
3月
  • オフィス家具らくまるサービス「家具組立サービス(有料)」全国展開へ。
  • アスクル カタログ、注文額合計税込2,500円以上につき送料無料に据え置き。
  • 全事業所で環境ISO14001の認証を取得。
  • 消費税込みの総額表示へ。
  • カタログVol.12 No.1発刊
    <アイテム数14,100>
1月
  • 医療・介護施設向けに専門カタログ「アスクル メディカル&ケア カタログ」を創刊し、メディカル&ケア事業に参入。
  • 株式会社オービックビジネスコンサルタントと、中堅企業の電子購買(e-procurement)化の市場開拓に向けて業務提携。
  • メディカル&ケア
    カタログ 春・夏号 創刊
    <アイテム数2,800>
2003年 12月
  • 「SYNCHROMART(シンクロマート)」の追加機能として、生産計画や流通計画の調整が可能な「需要調整業務支援システム」の提供開始。
 
11月
  • インターネットによる注文サイト「アスクル・インターネットショップ」を全面リニューアル。
 
10月
  • オフィス家具らくまるサービス(旧称:マイオフィスデザイナー)にお手頃・便利な「オフィスの引越しサービス」がエリア限定でスタート。
 
9月
  • インターネットによる法人向け一括購買システム「アスクルアリーナ」の機能を強化し、新「アスクルアリーナ」としてサービスを開始。
  • SAPジャパンと、国内における間接材電子購買分野のソリューションにおいて協業することに合意。
  • カタログVol.11 No.2発刊
    <アイテム数13,700>
8月
  • (財)経済広報センターが主催する「第19回企業広報賞」の企業広報大賞を受賞。
  • e-tailing centerが日本経済新聞社とニューオフィス推進協議会が主催する「第16回日経ニューオフィス賞」の「ニューオフィス推進賞」を受賞。
 
7月
  • 「アスクル・インターネットショップ」において、紙カタログの画像をそのまま見られる「スイスイカタログ」を追加。
 
3月   カタログVol.11 No.1発刊
<アイテム数13,200>
2002年 12月
  • コンビニエンス・ストアおよび郵便局での代金決済を開始。
  • 一橋大学大学院国際企業戦略研究科が主催する第2回「ポーター賞」を受賞。
 
11月
  • 電子調達のノウハウ蓄積を目的とし、アスクル・イープロサービス(100%子会社)を設立。
 
9月
  • お客様ニーズに対応した個別リストとして、「ご利用掲載ページリスト」と「代替おすすめリスト」の2種類を作成。
  • オフィスづくりのトータルサービス「アスクルマイオフィスデザイナー」を開始。
  • アスクルカタログの無料回収サービスを開始。
カタログVol.10 No.2発刊
<アイテム数13,400>
8月
  • DCMセンター内に新たなプリントサービスの開発拠点として「POD(プリント・オン・デマンド)ファクトリー」を新設。
 
6月
  • アスクル東京センターを閉鎖。
 
5月
  • リアルタイムなマーケティング情報共有サービス「SYNCHROMART」(シンクロマート)を開始。
 
4月
  • 東京都江東区青海に「アスクルDCMセンター」を新設。
 
3月
  • 当日配送エリアを大阪、兵庫、山口、佐賀の各府県内でさらに拡大。
    省資源梱包の対象エリアを神奈川県に、また、大阪、兵庫、福岡、山口、佐賀の各府県の一部地域で拡大。
カタログVol.10 No.1発刊
<アイテム数12,500>
2月
  • 1単元の株式の数を1,000株から100株に変更。
 
1月
  • 「アスクルグリーン商品リスト」発刊。
 
2001年 11月
  • 「アスクルのお歳暮」がスタート。
  • インターネットの売上比率が全体の30%を突破。
 
10月
  • ADSLサービス「お先にADSLキャンペーン」を開始。NTTコミュニケーションズ株式会社、横河キューアンドエー株式会社とお客様のブロードバンド化をサポート。
  • e-tailing centerが日本産業デザイン振興会主催の「グッドデザイン賞」を受賞。
 
9月
  • 株式会社キングジム、株式会社住友スリーエムなどの業界大手メーカーとのコラボレーションによるオリジナル商品を開発、NPB(National Private Brand)商品のラインナップを拡大。
  • 当日配送エリアを福岡県全域に、また大阪府内でさらに拡大。
  • 省資源梱包の対象エリアを千葉県全域と静岡県、名古屋市内に拡大。
  • 「Wサンクスプレゼント」がスタート。
  • 支払いの締め日が従来の10日締めに加え、月末締めを追加。
  • 「行列のできる、CD-ROM。」を無償配布。
  • i2テクノロジー社の需要予測システム「Trade Matrix」を稼動
カタログVol. 9 No. 2発刊
<アイテム数12,300>
8月
  • やりたいことやシーンに見合った商品が検索できる「コト検索」機能を導入。
 
7月
  • ミレア保険グループ(東京海上火災保険、日動火災海上保険、共栄火災海上保険、朝日生命保険)と業務提携。
 
6月
  • ASPサービス「インターネット会計」をスタート。
 
5月   ご利用登録数
155万オフィス突破
4月
  • 本社を文京区音羽より江東区辰巳「e-tailing center」へ移転。
  • グループウェアの無償サービス「オフィス便利帳」を開始。
  • 神奈川県川崎市に5番目の物流拠点となる「横浜センター」を新設。横浜、川崎市内が当日配送へ。
 
3月
  • 当日配送エリアを大阪府、福岡県、宮城県の都市部を中心にさらに拡大。
  • 履歴ダウンロード機能、ディレクトリー登録機能を追加するなど、インターネットでのサービスを充実。
  • 省資源梱包を全当日配送エリアで実施。
  • 日本アリバ株式会社が設立した「電子購買コンソーシアム」の「サプライヤーコンソーシアム」に参加。
カタログVol. 9 No. 1発刊
<アイテム数12,000>
2月
  • 東京海上火災保険株式会社との共同開発による、中小事業所のための総合損害保険サービスをWeb上で開始。
 
1月
  • 21世紀型オフィス「e-tailing center」を東京都江東区辰巳の東京センター内に開設し、本社機能を除く全ての業務部門を移転・集約
  • テレビCM「闘うOL篇」を放映(~3月上旬)
 
2000年 12月
  • 月刊ミニカタログ「ASKUL WONDER MART(アスクルワンダーマート)」の発行を開始
 
11月
  • 店頭市場に株式を上場。
 
10月
  • 当社の物流システムを共同で開発した、(株)日立製作所、トーヨーカネツ(株)との3社で(社)日本ロジスティクスシステム協会ロジスティクス大賞を受賞。
 
9月
  • 福岡市糧屋郡に4番目の物流拠点となる「福岡センター」を新設。福岡市内の当日配送を実施。
  • 日曜・祝日配送を開始。
  • 365日返品保証を開始。
  • 「ASKULオフィススタイリングカタログ」誕生。
  • コンシェルジュチーム誕生。
  • インターネットの取り寄せサービスを拡大。
  • 当日配送のエリアを吹田・茨木・摂津・高槻・箕面・豊中・仙台・福岡市内へ拡大。
カタログVol. 8 No. 2発刊
<アイテム数11,000>
7月
  • 仙台市宮城野区に物流拠点「仙台センター」を新設。
  • インターネット上のコミュニティで企業のWebマーケティング ・サービスを開始。
  • 事業所向けのオンライン書店「Askul Book Cafe」事業を開始。
 
6月
  • Web連動のコミュニティ誌『dreamers』を発刊。
    お客様との相互コミュニケーションツールとして活用。
 
4月
  • NEC(株)が運営するビジネス用品取引きのe-マーケットプレイス「BizCity」に参加。(2000年11月、(株)プレオマートに運営を移管)
  • ソフトバンク・イーコマース(株)、インディゴ(株)との共同出資により、SOHO・中小企業を対象にしたインターネットの業務支援サービスを行う「スマートファーム株式会社」を設立。
 
3月
  • 省資源梱包を開始。
  • 当日配送エリアを神戸、芦屋、西宮、尼崎市内に拡大。
  • 返品引き取り・コピー用紙指定場所お届けサービス「アスクル解決Do!」ビジネスを開始。
  • インターネットによる注文の定期配送サービス「MY ASKUL」、キャッシュバック最大5%還元などのサービスを充実。
  • 出版取り次ぎの図書館流通センターと日本経済新聞社グループ、富士通など7社共同で、オンライン書店「bk1」を運営する「株式会社ブックワン」を設立。
  • (株)ジェーシービーと業務提携、法人カード会員向けのサービス提供を開始。
カタログVol. 8 No. 1発刊
<アイテム数9,600>
ご利用登録数
100万オフィス突破
1999年 12月
  • ビジネス機器のインターネットによる購入サポートサービス「ASKUL B2B MART」を本格的に実施。
ご利用登録数
90万オフィス突破
10月
  • AOLジャパン「ショッピングチャネル」に参加。
 
9月
  • ファックス注文での当日配送を開始(東京23区と大阪市内)。
  • 180日間返品保証を実施。
  • 配送日指定サービス開始。
  • 2,500円以上の注文について送料無料を実施。
  • 大阪市住之江区に「大阪センター」を新設移転。
  • ヤフーショッピングに参加。
ご利用登録数
80万オフィス突破
カタログVol. 7 No. 2発刊
<アイテム数8,700>
7月
  • 東京都江東区に「東京センター」を新設。
 
6月   ご利用登録数
70万オフィス突破
3月
  • 90日間返品保証を実施。
  • マイレージアスクル、サンクスプレゼントキャッシュバックコース、ファクスオーダーマイカタログのサービスを開始。
ご利用登録数
60万オフィス突破
カタログVol. 7 No. 1発刊
<アイテム数6,600>
1998年 12月
  • ヤフー(株)と国内資本企業として初のパートナーシップ契約を締結。
  • 米国ネットパーセプションズ社と提携。
  • 個人向け購買サイト「ポータルアスクル」開始。
  • CTI技術を活用したCRMシステムを本格稼動。
 
11月   ご利用登録数
50万オフィス突破
9月
  • 注文受付・問い合わせ等の土日全面稼働を実施。
  • エコロジー&エコノミーをキーワードとした商品を展開。
  • 東京23区内・大阪市内のインターネットによる午前11時(1時間延長)までの注文が当日配送
  • 九州地域(沖縄・離島を除く)でのサービスを開始。
カタログVol. 6 No. 2発刊
<アイテム数5,600>
8月
  • 大阪市住之江区に2番目の配送拠点「大阪物流センター」を開設。
 
7月
  • NTTデータ通信(株)、オリックス(株)、ソフトバンク(株)の共同出資による新会社NTTデータオフィスマート(株)の新サービス「orderit(オーダーイット)」への商品提供を発表。
  • 「Windows98日本語版」の予約販売を期間限定で実施。
  • 小ロット注文と低価格を実現した「封筒プリントサービス」を開始。
ご利用登録数
40万オフィス突破
3月
  • 東京23区内のインターネット注文による当日配送サービス、その他地区のインターネット注文による翌朝10時配送サービス、60日間返品保証を実施。
カタログVol. 6 No. 1発刊
<アイテム数4,500>
1月   ご利用登録数
30万オフィス突破
1997年 11月
  • 株式会社住友クレジットサービス(住友VISA)と業務提携。法人カード会員向けのサービス提供を開始。
 
9月
  • FAXによる午後3時までの注文が翌日配送に
  • SOHO向けオフィス家具として「アスクルオリジナルPCデスクシステム」誕生。
カタログVol. 5 No. 2発刊
<アイテム数3,700>
5月
  • プラス株式会社よりアスクル事業を継承し、アスクル株式会社として営業開始。
 
3月
  • インターネットによる受注を開始。
  • 「エコ・アスクル」で環境問題への取り組みを開始。
  • レーザープリンタ用トナーカートリッジのリサイクルサービス及びSOHO向けオフィス家具とオフィスコーヒーサービスの販売を開始。
カタログVol. 5 No. 1発刊
<アイテム数2,750>
ご利用登録数
20万オフィス突破
1996年 9月
  • FAXで最新価格などの各種情報をお届けする「FAX情報BOX」開設
カタログVol. 4 No. 2発刊
<アイテム数2,400>
7月   ご利用登録数
15万オフィス突破
3月
  • ホームページを開設し、会社の概要を紹介する。
カタログVol. 4 No. 1発刊
<アイテム数2,000>
1995年 12月   ご利用登録数
10万オフィス突破
11月
  • 「Windows95」日本語版を期間限定で通販で販売。発売当日の午前10時までにお届け。
 
9月
  • パソコン用品の取り扱いを開始。
カタログVol. 3 No. 2発刊
<アイテム数1,600>
4月
  • アメリカン・エキスプレス・インターナショナル,Incと業務提携。法人カード会員向けサービスとして提供を開始。
 
1994年 12月
  • 「アスクルジャンプアッププレゼント」から「アスクルサンクスプレゼント」に名称変更、サービスを拡充
カタログVol. 3 No. 1発刊
<アイテム数1,200>
11月   ご利用登録数
5万オフィス突破
2月
  • 本州及び四国全域にサービス地域を拡大。
 
1993年 12月
  • 「アスクルスタンプ作成サービス」開始
  • ポイントシールによる商品プレゼント「アスクルジャンプアッププレゼント」を開始
カタログVol. 2 No.1発刊
<アイテム数899>
10月
  • 関西地域で事業を開始。
ご利用登録数
1万オフィス突破
3月
  • 首都圏の事業所を対象に、アスクル事業を本格実施。
 
1992年 12月   カタログVol. 1 No.1発刊
<アイテム数562>
6月
  • 東京都内でテストマーケティングを実施。
カタログ Vol. 1 No.0発刊
<アイテム数500>
4月
  • プラス株式会社にて、在来文具事業とオフィスコンビニエンス事業を進化させた新規事業として、アスクル事業推進室を設立。
 
1990年  
  • プラス株式会社社内に、21世紀の新しい流通を考える「ブルースカイ委員会」が発足。アスクルの原型が生まれる。