お届け先
〒135-0061

東京都江東区豊洲3

変更

お届け先の変更

検索結果や商品詳細ページに表示されている「お届け日」「在庫」はお届け先によって変わります。
現在のお届け先は アスクルの本社住所である、
東京都江東区豊洲3(〒135-0061)
に設定されています。
ご希望のお届け先の「お届け日」「在庫」を確認する場合は、以下から変更してください。

アドレス帳から選択する(会員の方)
ログイン

郵便番号を入力してお届け先を設定(会員登録前の方)

※郵便番号でのお届け先設定は、注文時のお届け先には反映されませんのでご注意ください。
※在庫は最寄の倉庫の在庫を表示しています。
※入荷待ちの場合も、別の倉庫からお届けできる場合がございます。

  • 変更しない
  • この内容で確認する

東芝 ニッケル水素電池 TNH-3WB4P 1セット(4本入×2パック)のレビュー

東芝 ニッケル水素電池 TNH-3WB4P 1セット(4本入×2パック)のレビューへようこそ。商品の使用感や使い勝手などお客様の評価をご紹介。ぜひ、お買い物の参考に!

東芝 ニッケル水素電池 TNH-3WB4P 1セット(4本入×2パック)
商品レビューを書く

お客様のレビューコメントをお待ちしています。

販売価格(税抜き)¥1,880

数量

カゴへ
商品ページに戻る

全部で1件あります/1件目~1件目を表示

  • 5

    6人中6人の方が「参考になった!」と言っています。

    中身は第1世代のエネループ

    電池に書かれている型番はTNH-3ME(WB)。TNH-3MEが国産IMPULSEの型番なので、非常に似ている。もしかすると、この電池は何かしらの製品への組み込み用なのかもしれない。どっちも日本製なので製造はFDK。エネループ作ってる会社。
    国産IMPULSEのTNH-3MEが繰り返し2100回で第4世代エネループに近い耐久度だが、こちらは1000回で第一世代エネループ同等品という感じ。
    因みに、パナソニックになってからのエネループは、エネループの売りであった他社のニッケル水素電池よりも長く高電圧維持という特性を失っているが、電圧ロガーを使って放電特性を調べると、TNH-3MEやTNH-3ME(WB)はsanyo時代のエネループと同じ様に高電圧を放電終了間近まで維持をしてくれる。ダラダラ電圧が低下していくのではなく、空になる手前で行き成りストンと電圧が落ちる感じ。
    ということで、今手に入る国産の東芝ニッケル水素電池はどれもオススメ。殊にこれは、値段が安いので有り難い。

    このレビューは参考になりましたか?はいいいえ

    2019年3月6日

    sanyo時代のエネループが良かった様のレビュー一覧へ
    レビューランクB(63ポイント)

※レビューはアスクルWebサイト、ソロエルアリーナWebサイト、LOHACOに投稿された内容です。

他の商品のレビューを見る

東芝 ニッケル水素電池 TNH-3WB4P 1セット(4本入×2パック)のカテゴリー内のおすすめ商品レビューはこちら



商品リクエスト

お探しの商品のお取り扱いがなく、申し訳ございません。
今後の商品選定の参考にさせていただきますので、以下へご希望商品のリクエストをご入力ください。

メーカー名 必須
商品名 必須
メーカー型番 必須
JANコード 任意
コメント 任意

リクエストいただいた商品のお取り扱いをお約束するものではなく、アスクルから個別の回答はしておりません。予めご了承ください。
また、お客様の個人情報は入力されないようお願いいたします。

リクエストありがとうございました

Thanks!!

    商品詳細にて商品の特徴などを動画でご紹介しています

      ご利用の前に必ずお読みください

      レビュー(クチコミ情報)は、以下のいずれかに該当すると判断した際は掲載を控えさせていただきます。あらかじめご了承ください。

      • 商品の使用感が記載されていない内容
      • レビューのご利用規約にて禁止している内容
      • 商品の仕様に関する投稿で、実際の当該商品の仕様と異なっている内容