お客様との取り組み

  • サプライヤー様との取り組み
  • アスクル取扱販売店(エージェント)様との取り組み

サプライヤー様との取り組み

アスクルにおける取り組み 内容 時期・頻度
「サプライチェーンCSR調査」 サプライヤー様の「企業」としての
CSRへの取り組み状況の調査
2009年から実施
*現在は新規サプライヤー様との
取引開始時に実施
工場等の現地調査・ヒアリング
(主にPB商品)
工場などの確認と改善の取り組み 新規オリジナル商品の企画検討時
生産ラインの確認と改善の取り組み 新規オリジナル商品の生産開始検討時
「サプライチェーンCSR調査」の実施
アスクルでは、サプライヤー様とともにCSR活動のレベルアップを進めていくために、2009年からサプライヤー様のCSRへの取り組み状況調査を行っています。サプライヤー様への調査項目は、「消費者課題」や「環境への取り組み」「労働慣行」など、「ISO26000」(2010年11月に国際標準化機構により発行された国際規格)の中核主題を参考にして設定されています。今後もアスクルは、社内はもとより、サプライヤー様などの「大アスクル*」を構成するパートナー企業各社、さらにはお客様や社会との、環境やCSRに関する積極的なコミュニケーションを図りつつ、リスクの低減とサービス・商品の品質向上を含むサプライチェーン全体の強化を目指してまいります。
商品の品質に関する取り組み
アスクルでは、お客様に安心して商品をお求めいただくために、商品品質の向上と安定化を目指してさまざまな取り組みを行っており、特にプライベートブランド(PB)商品に関して、サプライヤー様とともに商品品質の向上に取り組んでいます。具体的には、品質管理の担当者が、商品担当者、調達担当者およびサプライヤー様等との連携を図りながら、工場および生産ラインの現地視察や書類確認などを行っています。また、調査結果に基づく各種の課題に対しては、アスクルとサプライヤー様とが協働して継続的改善に取り組んでいます。アスクルでは今後とも、お客様へお届けする商品の安全性や品質面での向上、さらには、サプライチェーン全体のレベルアップを通じて、お客様に安心してご使用いただける商品の開発・提供を目指してまいります。
アスクルブランドのコピー用紙に関する取り組み
アスクルでは、「アスクル紙製品に関する調達方針」(2004年制定・2005年改訂)に伴い、コピー用紙の製造委託先から、「トレーサビリティ調査表」を入手し、調達方針に沿った原材料の調達を実施しています。
商品の調達面におけるサプライヤー様との取り組みについて
アスクルでは、主要なサプライヤー様とともに、お客様に対する価値提供を最大化するために、将来あるべき流通機能の合理化=「社会最適」「機能主義」の実現、実行を共に目指す、という観点から、商品の調達面における品質向上の取り組みも行っております。
調達にまつわるKPI(主要指標)の経過をとりまとめた「KPIレポート」を発行するとともに、定例会議やレポートのやり取りを通じてコミュニケーションを図ることで、品切れを減らし安定的かつ効率的に商品をお届けできるよう、日々の改善活動を行っています。

アスクル取扱販売店(エージェント)様との取り組み

取扱販売店(エージェント)様向けの研修プログラムの実施
アスクルでは、2011年より、全国の取扱販売店(エージェント)様を対象として、総合的な研修プログラムを継続的に企画・実施しております。初年度から2017年5月期までの約5年半に、全国各地で約270回の研修を開催し、約480社、2,000名以上にご参加いただきました。様々な研修プログラムを複数受講される方も増え、延べ参加人数は7,000名を超えました。
研修プログラムは、アスクルのマインドやサービス概要、エージェント業務等の基礎知識習得のための研修にはじまり、配送・お問い合わせなどのアスクルサービスにおける各機能・役割を理解するための研修、新規取扱商品の理解を深める勉強会、さらにはお客様理解を深めるための研修など、様々な切り口で、継続的に内容の充実・深化を図っております。
商品知識を身に着けるための研修においては、アスクル社内の商品担当者やサプライヤーのご担当者様が直接講師を務め、商品やサービスの詳細・特長、お客様にとってのメリットや関連施策などをご説明し、エージェント様の総合的な提案力・解決力の向上を図っています。
  • 研修風景
  • 研修風景

「アスクル・エージェントアワード」・・・ベストプラクティスを称え知の共有を図る取り組み
また2012年5月期からの取り組みとして、アスクル取扱販売店(エージェント)様向けの表彰制度「アスクル・エージェントアワード」をスタートしております。表彰制度に合わせ、アスクル事業拡販に尽力いただいたエージェント様への謝意を示すための式典として、年に一度、極めて優れた成績を残されたエージェント様をお招きし、表彰式を開催しております。 表彰式の場では、各社や個人の気づき・ベストプラクティスを「共有知」として共有しております。

第6回「アスクル・エージェントアワード2016」表彰式(2017年6月開催)の様子

今後もこのような取り組みを継続し、お客様への「大アスクル*」全体としてのさらなる価値提供と、より安心して便利にご利用いただける仕組みを強化していきたいと考えています。


∗アスクルのプラットフォームでは、「大アスクル」として、さまざまなパートナー企業が企業の枠を越えて連携し、役割を分担しています。
こちらもご覧ください。

社会活動報告