新型コロナウイルス感染拡大に関するアスクルの取り組みについて

新型コロナウイルスによる感染症に罹患された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
当社の新型コロナウイルス感染拡大に関する取り組みについて、お知らせいたします。

2020年6月20日(土)

(アスクルロジスト)物流センターでの夏季用マスク導入・着用ルールの策定

・熱中症予防の観点から、物流センター内におけるマスク着用ルールを策定(作業内容、作業場所、空調・換気状況等を考慮)
・マスクを着用する作業者向けに夏季用マスク(比較的呼吸がしやすいウレタン製)を導入

2020年6月19日(金)

(アスクル)都道府県をまたぐ移動制限の解除を受け、国内出張のルール更新

〔国内出張〕
・業務上やむを得ず、取引先への訪問など出張が必要な場合は、上長許可を得て行う

2020年5月26日(火)

(アスクル)「緊急事態宣言」解除を受けた働き方基本方針と従業員向け行動指針について

5月25日(月)、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が全面的に解除されたことを受け、当社は「緊急事態宣言解除後の働き方基本方針」を策定、従業員に周知しました。また、引き続き感染拡大を防止していくため、従業員向け行動指針を以下のとおり更新・周知しました。

【緊急事態宣言解除後の働き方基本方針】

  1. 従業員の健康と安全を最優先とします
  2. テクノロジーを駆使し、テレワークを最大限活用した働き方を継続し、ソーシャルディスタンスを保ちます
  3. 社会インフラ企業としての使命を最大限果たします
  4. 個々人の状況(業務、家庭等)を考慮し、個人のパフォーマンスと組織への貢献度が最大化できるよう柔軟にサポートしていきます

【従業員向け行動指針】
〔出社・勤務〕
・テレワーク使用制限の撤廃、フレックスコアタイム撤廃
・テレワークやフレックスタイムを最大限活用し、通勤時やオフィスでの3密を回避
・出社する場合は手洗い、手指消毒、検温、マスク着用を徹底
・オフィスで執務する場合、以下のように執務スペースでは2mほどの間隔を空けて席を利用


(出典:みんなの仕事場 https://www.shigotoba.net/coronajidainoofficework_2005_shimagata.html

〔会議・イベント〕
・会議は極力、Web会議かオープンスペース開催
・会議室利用の場合は、会議前後の手指消毒を実施、会議室扉を開けて換気に留意するとともにソーシャルディスタンスに十分配慮の上、極力短時間で実施
〔来客・訪問・会食〕
・メールや電話・Web会議などを利用し、来客対応やお取引先様などへの訪問は極力控える
・やむを得ない来客は受付での検温、マスク着用、手指消毒を依頼
・3密を回避するため、商談スペースをソーシャルディスタンスに配慮した配置に変更
・会食は当面自粛
〔出張・個人旅行〕
・海外出張は当面禁止、国内出張も可能な限り延期・中止を要請
・個人旅行についても、上記同様の対応
・帰国後は速やかに人事本部へ体調報告し、帰国後2週間はテレワーク就業を徹底
・体調に異変がある場合は、医療機関の受診を徹底

2020年5月26日(火)

(アスクル)「緊急事態宣言」解除後の当社事業運営方針について

5月25日(月)、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が全面的に解除されましたが、引き続き感染拡大を防止していくため、当社は以下の方針に従い、事業を運営していまいります。

【アスクル事業運営方針】

  1. アスクルの事業を支えている社員をはじめ、構成員とその家族の安全確保と健康を最優先します
  2. 政府や自治体をはじめ関係機関の方針に基づき、お取引先の皆様と連携し、お客様のライフラインを支える企業としての使命と責任を最大限に果たしてまいります

2020年5月4日(月・祝)

(アスクル)「緊急事態宣言」延長を受け、感染対策の継続を決定

新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が5月末まで延長されるとの発表を受け、これまでの感染対策を緊急事態宣言が解除されるまで継続することを決定

2020年5月2日(土)

(アスクルロジスト)AVC関西に、顔認証技術を活用した検温システム導入

〔出社・勤務〕〔来客〕
・AVC関西受付に、顔認証技術を活用した非接触型体温計測システムを2台導入
・同システムで全入館者の検温を実施し、37.5℃以上の入館を禁止

2020年4月22日(水)

(アスクル)新たな「濃厚接触者の定義」を踏まえ、『従業員向け行動指針』を変更(発熱の症状についても追加)

21日、国立感染症研究所 感染症疫学センターよりクラスターの発生状況を踏まえた新たな「濃厚接触者の定義」が発表されたことを受け、『従業員向け行動指針』を更新

〔出社・勤務〕
・出社を禁止する発熱の基準〈37.5℃以上の発熱〉に、〈平熱の低い者は平熱より+1℃以上〉を追加
・濃厚接触者の定義は以下のとおりとし、出社禁止となった従業員が発生した場合は、当該従業員の所属部門にて濃厚接触者リストを作成して同様に出社禁止とする

〈濃厚接触者の定義〉

  1. 発症から2日前の間、当該従業員と1メートル以内の距離で15分以上の接触をしていた従業員
  2. 2日前まで遡って対象になるため、打ち合わせ、食事等で濃厚接触の対象となる従業員については、都度記録に残す

2020年4月16日(木)

(アスクル)豊洲コールセンター・オペレーションセンターにテレワーク導入、座席配置変更、ビニールカーテン設置

豊洲本社内のコールセンター・オペレーションセンターに以下の対策を導入
・オペレーションセンター業務委託先においてテレワーク導入
・ソーシャルディスタンスを確保するよう座席配置を変更
・マスク着用を義務付けているものの、さらなる感染予防としビニールカーテンを設置

2020年4月10日(金)

(アスクル)出社従業員1日3回の検温義務化、休憩場所の使用ルール見直し

・出社従業員について出社前の検温を義務化
・4月13日以降、出社時・昼食後・夕方の1日3回の検温実施を義務化(非接触型体温計を社内に設置)
・本社オフィス(キュービックガーデン)とフォレシアオフィスの休憩・昼食目的での往来を禁止
・休憩場所における注意事項を策定、周知(飲食中であってもマスクなしでの会話を禁止等)
・物理的距離を確保するため社内の休憩エリアを拡大(従来の商談スペース、家具ショールーム等)
・休憩場所使用前後の消毒用ウェットティッシュでの消毒を義務化
・ウェルネスルーム(従業員用リラクゼーション)を4月13日より閉鎖

2020年4月8日(水)

(アスクル)「緊急事態宣言」実施期間中の当社事業運営方針について

4月7日(火)、政府(安倍内閣総理大臣)より特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が発令されましたことを受け、同宣言実施期間中の当社事業運営方針をお知らせいたします。

【アスクル事業運営方針】

  1. アスクルの事業を支えている社員をはじめ、構成員とその家族の安全確保と健康を最優先します
  2. 政府や自治体をはじめ関係機関の方針に基づき、お取引先の皆様と連携し、お客様のライフラインであるとの認識のもと、
    商品・サービスの継続的供給に努めます
  3. 臨機応変に状況を見極め、商品・サービスの縮減等の可能性も見据えながら、生活必需品の継続的供給を最優先して行ってまいります

2020年3月31日(火)

(アスクル)都知事緊急会見を受け、三密(密閉、密集、密接)リスクの高い施設への出入り自粛を徹底

・すべての従業員に向け、三密(密閉、密集、密接)リスクの高い施設への出入り自粛を周知
・特にバー、クラブ、風俗店など密接な接客が行われる飲食店や施設、及び、居酒屋、カラオケボックス、ライブハウス、雀荘、パチンコ店、ゲームセンターなど感染リスクが極めて高いとされる飲食店や施設の利用自粛を徹底
・改めて感染拡大防止のため、一人ひとりの自覚ある行動を注意喚起

2020年3月26日(木)

(アスクル)25日夜の都知事による週末外出自粛要請を受け26日以降のテレワーク取得を徹底、在宅勤務の対象従業員を拡大

・特に26日(木)・27日(金)は必要最低限の出社に切り替えることを徹底
・従業員の業務に合わせて、持ち出し可能なPC貸与などフレキシブルな対応を検討
・従来対象外だった従業員にも在宅勤務制度を拡大
・今週末の外出は自粛とし、改めて『従業員向け行動指針』に沿った身を守る行動を呼びかけ

2020年3月9日(月)

(アスクル)身近な環境(家族・所属する施設)で感染者が発生した場合の方針策定

〔出社・勤務〕
・家族が感染した場合や、本人・家族が所属する施設等で感染者が発生した場合、濃厚接触者が特定されるまでの出社を禁止
・本人、または家族が濃厚接触者として特定された場合は保健所・医療機関・当局の指示に基づき対応
・本人、または家族が濃厚接触者として特定されなかった場合は出社可

2020年3月4日(水)

(アスクル)外部とのWeb会議ツール導入

〔会議・イベント〕
・社外の方とのWeb会議ツールを導入

2020年3月3日(火)

(アスクル)『従業員向け行動指針』を変更(発熱・咳などの症状が出た場合の対応)

〔出社・勤務〕
・37.5℃以上の発熱、強い倦怠感、息苦しさ・咳等の症状が出た場合、出社を控え休養を徹底
・従業員から上記申し出があった場合、当該従業員の濃厚接触者の従業員についても出社禁止
・上記体調不良の従業員の症状が治まり体調が安定したら、当該従業員および濃厚接触者も出社可とする
〔社内消毒〕
・上記体調不良の従業員および濃厚接触者の接触エリアを消毒する
〔当局への報告〕
・当該従業員が新型コロナウイルスに感染していることが判明した場合は本人および濃厚接触者は保健所・医療機関・当局の指示に従う

2020年3月2日(月)

(アスクル)豊洲本社オフィス入退室のルールを変更

〔出社・勤務〕
・社員通用口のドア取手への接触を減らすため来客用自動ドアの使用許可

2020年3月2日(月)

(アスクルロジスト)物流センター内食堂利用方法を更新

〔社員食堂〕
・サラダバーのドレッシング・調味料コーナーを全面撤去、小分けドレッシング・調味料は食堂スタッフより直接提供
・食堂委員会の委員もしくは総務が手洗い場に立ち会い、食堂利用者への手洗い、消毒を徹底
・10分~30分に一度〔手洗い場、チャージ機、自販機、タッチパネル端末、給茶機ボタン〕の消毒
・手指消毒液の追加設置、利用の徹底
・食堂営業終了後はテーブルを消毒

2020年2月28日(金)

(アスクル)来客の検温実施開始

・受付に非接触型の体温計を設置、来客全員への検温を実施
・37.5℃以上の場合はオフィス内への入室はご遠慮いただく


受付に手指消毒アルコール・マスクに加え、体温計を設置

2020年2月28日(金)

(アスクル)臨時休校を受け、テレワーク、時差通勤をさらに強化

・各部門内での従業員の状況を確認し、テレワーク、時差通勤をさらに強化
・常駐業務委託先、派遣社員についても、業務調整等を行い可及的に配慮する

2020年2月28日(金)

(アスクル)海外・国内出張および、渡航後の就業ルール更新

〔出張・個人旅行〕
・海外出張は当面禁止、国内出張も可能な限り延期・中止を要請
・個人旅行についても、上記同様の対応
・帰国後は速やかに人事本部へ体調報告し、帰国後2週間はテレワーク就業を徹底
・体調に異変がある場合は、医療機関の受診を徹底

2020年2月28日(金)

(アスクル)豊洲本社オフィス内ドア取手に接触感染対策テープを貼付

・豊洲本社オフィス内のドア取手に抗ウイルス効果・抗菌効果のある接触感染対策テープを貼付


接触感染対策テープを貼付した取手

2020年2月27日(木)

(アスクル)在宅勤務・時差出勤の強化、大人数会議禁止の徹底

〔出社・勤務〕
・テレワークが可能な部門は改めて徹底、時差通勤・フレックスタイムの利用強化
〔会議・イベント〕
・一定の距離を置いて着席
・大人数での会議禁止を徹底

2020年2月27日(木)

(アスクルロジスト)物流センター内食堂利用方法を変更

〔社員食堂〕
・不特定多数の接触があるものを撤去
・トング使用のビュッフェスタイルでのメニュー提供を中止
・ドリンクステーションのアイスディスペンサー利用禁止
・選べる小鉢の提供を中止、食堂スタッフより直接提供

2020年2月27日(木)

(アスクルロジスト)『従業員向け行動指針』を更新

以下の項目を更新
〔出社・勤務〕
・全従業員、出社前の検温を徹底

2020年2月25日(火)

(アスクルロジスト)『従業員向け行動指針』を更新

〔出社・勤務〕
・手洗い、手指消毒(※1)、うがい、咳エチケットの徹底、マスク着用の徹底
・従業員の勤務形態の見直し(時差通勤、シフト時間)
・咳の出る従業員は検温実施し、就業検討
〔来客・訪問・会食〕〔会議・イベント〕〔出張・交通機関利用〕
→上記いずれも、アスクルの行動指針に準拠


(※1)事務所入口、各フロアの休憩所、食堂に設置

2020年2月25日(火)

(アスクル)社内Web会議ツールの利用促進

・社内向けWeb会議ツールの利用方法を周知し利用促進

2020年2月25日(火)

(アスクル)『アスクル従業員向け行動指針』を更新(更新部分、太字記載)

〔出社・勤務〕
・手洗い、咳エチケット徹底
・オフィス就業中、通勤中のマスク着用義務
テレワーク、フレックスタイムの利用徹底
〔来客・訪問・会食〕
来客の原則禁止
外部訪問の原則禁止
・やむを得ない来客は受付での手指消毒依頼、オフィス内マスク着用依頼
個室か否かを問わず会食の禁止
〔会議・イベント〕
10名超の会議の原則禁止
10名以下の場合でも会議室利用自粛、オープンスペースでの会議励行
会議室利用の場合、会議前後の手指消毒を実施
・アスクル主催イベントの禁止(~まずは5月20日まで)
・大規模(数十名規模)のセミナー参加禁止
〔出張・交通機関利用〕
新幹線、飛行機等の長時間・密閉空間での出張禁止
業務上のタクシー利用の自粛

2020年2月25日(火)

(アスクル)社内ミーティングテーブルに除菌シートを設置

・ミーティング前にテーブルを除菌シートで清拭するルールを周知


除菌シートを設置したミーティングスペース

2020年2月21日(金)

(アスクル)マスクの正しい着用方法、安全なつけ方・外し方について周知

・安全なマスクの着用方法、取扱い方法について周知


2020年2月17日(月)

(アスクル)全社単位での新型コロナウイルス対策を開始

・「新型コロナウイルス対策本部」を設置
・毎週月曜実施の全社朝礼について、本日をもって一時中止
・『アスクル従業員向け行動指針』を発表
〔出社・勤務〕
・手洗い、咳エチケット徹底
・オフィス就業中のマスク着用の励行
・テレワーク取得回数の上限を撤廃
・フレックスタイム制度のコアタイム廃止
〔来客・訪問・会食〕
・来客予定を可及的にメールや電話・Web会議へ変更
・やむを得ない来客は受付での手指消毒依頼、オフィス内マスク着用依頼
・個室での会食自粛
〔会議・イベント〕
・会議室利用自粛、オープンスペースでの会議励行
・アスクル主催イベントの禁止(5月20日まで予定)
・大規模(数十名規模)のセミナー参加自粛


手洗い・咳エチケット、感染症対策を社内掲示

2020年2月17日(月)

(アスクルロジスト)『従業員向け行動指針』を策定

〔会議・イベント〕
・外部セミナー・イベントへの参加を自粛(5月20日まで予定)
〔出社・勤務〕
・37.5℃以上の発熱がある場合、出社を控えて休養
・咳の出る従業員は検温を実施、体調に応じて就業取りやめを推奨

2020年1月31日(金)

(アスクルロジスト)中国への出張を禁止

〔出張〕
・中国への出張を禁止
・2020年1月17日以降に中国からの帰国者(本人及び同居家族)がいる場合、会社への報告義務